電話占いにハマる人の特徴は?

通常、対面鑑定だと占い師に顔がバレているので、何となく相談しづらい傾向にあります。
病気や精神的なこと、略奪愛や不倫など、誰にも相談できない悩みがある人が電話占いにハマります。
当たり前のことですが、顔が割れていない方が安心して何でも話せます。
さらに、いつでも自宅で出来る手軽さと、対面鑑定では不可能である深夜の時間帯でも相談ができることがメリットです。
その時間帯は特に人が心を開きやすく、占い師がまるで何でも話せる親友のように思えてきたりします。
特定の占い師の人気が出るのは「また今度、この占い師(親友)に話を聞いてもらいたい」というリピート率のせいです。

また年齢が高めの人も電話占いにハマる傾向にあります。
社会人になり、年齢を重ねると、どうしても年下や後輩に頼られるようになってしまいます。
昔は年上や先輩に悩みを聞いてもらうことが多かったので、その場で解決できることが日常茶飯事でした。
さすがに立場が上である人が不安いっぱいで頼りない態度を取るわけには行きません。
こういう状況に置かれている人が、電話占いに頼ります。
外面は強気でも、内面は不安だらけの人です。

そして、占いが好きな人。
対面鑑定では満足できなくて、そのままの流れで自宅に帰ると、また悩んでしまって占いに頼りたくなります。
そうなると、すぐにその場で鑑定できる電話占いに頼ってしまいます。
1分いくらの値段なので、短くて済ませたければ、最初に時間を決めて鑑定に入れます。
普通の対面鑑定は3000円~が多いことを考えると、料金を安く設定できる電話占いは使い勝手が良いのです。
さらによくキャンペーンをやっているので、定期的に郵送される割引カードも使えます。

最後に男性の相談者も電話占いを利用する傾向が強いです。
占いはどうしても女性というイメージを持ってしまいます。
「男性でもお気軽に」とネット上で売り込む占いサイトもあるぐらいです。
試しに初回無料からのめり込む男性も少なくありません。
なので、男性でも占い師に悩みを聞いてもらえれば、そのままハマってしまう人もいるのです。

電話占い 依存